TOPICS

  • 後縦靭帯骨化症に伴う痛み・痺れ。気象病との関係。

    コラム

    63歳のAさんが、整形外科にて指定難病である後縦靭帯骨化症の診断を受けました。リリカと鎮痛剤を処方されていますが、痛みと痺れがコントロールできていません。そこで漢方薬で症状の軽減ができないかと、相談に来られました。Aさんは男性で、身長166cm体...

    続きを読む

  • 募集ミモザ組:満員御礼、感謝!

    研究会

    募集しておりましたミモザ組、募集定員に達しました。 ・お問い合わせを頂いた方・参加される方・Lab collageのメンバーでお声がけをして頂いた方 皆様に感謝申し上げます。 期待に応えられるような、レッスンを心掛けていく所存です。&nbs...

    続きを読む

  • 雨の日頭痛と排卵日・生理前の頭痛:漢方でどう考える?

    コラム

    38歳の主婦のJさんが漢方相談に来られました。Jさんの最も困る事は、天気が崩れると頭痛になる事です。低気圧が四国~紀伊半島に近づくと頭痛のスイッチが入ります。気圧が下がり、湿度が上昇する変化に感じてしまう体質です。Jさんは女性に多い気象病です...

    続きを読む

  • 気象病:漢方で考える、雨の日頭痛のメカニズム。

    コラム

    今回は漢方で考える、雨の日・梅雨・台風・秋雨などにより起こる、気象病・頭痛のメカニズムについてのお話しをします。女性の方に大変多く、頭痛だけでなく浮腫み・冷え性・めまい・しびれ等を伴います。雨が降り出す時は、気圧が下がり湿度が上昇します...

    続きを読む

  • 雨・低気圧・台風・梅雨時、とにかくだるい:気象病

    コラム

    雨が続く梅雨時や気圧の低下を伴う台風の時になると、とにかく身体がだるく、手足に重りをつけているような感じになることで、困りのPさんが漢方相談に来られました。Pさんは、36歳の女性で銀行で事務の仕事をされています。一応、近くの内科クリニックで...

    続きを読む

  • 更年期障害の漢方治療|漢方で考える更年期障害とは?

    コラム

    更年期とは、卵巣機能が減退し始めて、消失する時期をいいます。一般的には、閉経の前後の5年間になります。この間に、のぼせ・ほてり・めまい・頭痛などの身体症状などと、不安感・憂鬱感・やる気が出ない等の精神的症状が現れる事を更年期症状といいます...

    続きを読む

  • 気象病:低気圧と更年期障害

    コラム

    47歳の会社にお勤めのJさんが、漢方相談に来られました。今年になってから、毎月規則正しく来ていた生理がもう四ヶ月もきてません。その頃より、更年期障害と思われる病症が軽く出るようになりました。時に顔がのぼせます。但し発汗はありません。頭が重く...

    続きを読む

  • Bauhausに学ぶ、Lab collage。

    研究会

    今から13年前、6名のメンバーでLab collageがスタートした。そして、学習方法においてもいくつか変更を加えて行く中で、現在は30名の若い医師・薬剤師が学びに来てくれている。今があるのは、過去に在籍して頂いた方々の存在が非常に大きい。感謝である。...

    続きを読む

  • 雨、低気圧⇒頭痛 気象病:漢方治療 治し方のコツ教えます

    コラム

    雨が降る前、気圧が下がり始めると、頭痛のスイッチが入ってしまう方がいます。そうしますと、ついつい痛み止めを服用してしまいます。そんなことの繰り返になります。漢方治療で根本的に体質を改善することによって、頭痛から解放されます。 まず、...

    続きを読む

  • 腰痛、しびれ、神経痛:漢方で解決する方法!

    コラム

    腰痛、しびれ、神経痛についてですが、まず整形外科にて検査を行い、悪性腫瘍などの病気がないかの確認が必要です。悪い病気が否定されますと、椎間板ヘルニア腰部脊柱管狭窄症筋膜性腰痛すべり症などなどの診断名がつけられます。 そして手術の適応...

    続きを読む

ページトップへ