コラム

月経痛の漢方( 子宮内膜症 子宮筋腫):漢方コラージュ代官山

コラム

現代医学(婦人科学)からみた月経痛

 

そもそも子宮の役割は、妊娠して赤ちゃんが

発育していくベット(子宮内膜)なのです。

そして妊娠が確認されなければ、月に一回

お掃除のため内膜ははがされて血液を一緒に

体外に排出されるのです。これが月経です。

血液とともに体外に排出されるときに、

感じる下腹部や腰の痛みを月経痛と呼びます。

 

☆月経痛の原因

 

■プロスタグランジンの分泌量が多い

月経を起こすために、子宮を収縮させて体外に

押し出す働きが、プロスタグランジンなのです。

素体としてプロスタグランジンの量が多いと、

子宮の収縮が過剰になり月経痛も強くなります。

 

■冷え症がある

プロスタグランジンの働きは子宮の血管を収縮

させるので、血行が悪くなります。

血行がわるくなりと冷えてきます。

元々冷え症がある方は、余計に冷えることになり

月経痛はさらに強くなってしますのです。

 

■若い女性は子宮口が狭い

若くて出産経験のない方は、子宮口が狭いため

経血が体外に出るときにスムーズに流れ出ない

ために痛みを感じます。

出産を経験すると月経痛が軽くなる方が

いらっしゃるのは、子宮口が広がるからです。

 

■ストレスを感じてる

職場や学校などで対人ストレスを感じると、

自律神経やホルモンのバランスが乱れるため、

血行に影響が及ぶ月経痛が強くなるこもある

のです。

 

☆年代別の月経痛の問題

 

□10代の月経痛

先ほども述べましたが、出産の経験もない

ため、子宮口が狭い事が月経痛の原因になります。

 

□20代~30代の月経痛

社会で出てストレスや過労、そして睡眠不足など

が影響して月経痛が強くなってしまう方も

いらっしゃいます。

そして年齢とともに子宮内膜症や子宮筋腫と言った

婦人科の疾患も増えてきます。

 

□40代の月経痛

月経の周期が早くなったり、または遅くなったり

一定でなくなる事が出てきます。

これまでとは違った月経の状態に変わってきます。

更年期障害も考える必要が出てきます。

 

☆されに月経痛が強くなる

痛み止めを使用しても日常の生活に支障が出る

場合は、子宮内膜症・子宮筋腫・子宮腺筋症

などの器質性月経困難症の疑いが出てきます。

このような場合は婦人科にて検査が必要に

なります。

 

器質的な問題になる前に漢方治療によって

コントロールできる事が望ましと言えます。

では、漢方で考える月経痛の治療について、

みていきましょう。

 

漢方で考える月経痛

 

冷える月経痛

月経が来るときに冷えを感じて痛む方が

いらっしゃいます。

このような方は、下腹部と腰にホカロンを

入れていることが多いです。

もともと冷え症の方で、月経時は更に冷えを

感じます。冷えることにより子宮の収縮が

強くなり月経痛となるのです。

漢方の治療としては、冷えることが影響しますので

温めながら子宮の収縮を弛緩させる方剤を用います。

ここでポイントになるのが、どこを温めるのか?

ここ重要です。もともと冷え症であるなら、

手足の末端が冷えます。

ここでは冷えを伴う月経痛なので、「子宮を温める

ここを押さえないといけません。

漢方薬ですと当帰と言う薬草になります。

当帰芍薬散や温経湯が当てはまります。

 

イライラして月経痛

月経がくる数日前よりイライラ感が強くなり、

そして月経になり痛みます。

毎月規則正しく月経を起こさせる働きを、

漢方では「疏泄(そせつ)」と呼んでいます。

疏泄とは、気の流れをスムーズに保つ機能です。

この疏泄の働きが失調すると、メンタルに影響して

イライラしたり気持ちが落ち込んだりします。

そこで疏泄の働きを整えることによって、

メンタルも安定して痛みも軽減します。

ここでのポイントは、柴胡と芍薬この

二つの薬草のコンビが大切になります。

柴胡疏肝湯・柴胡桂枝湯・逍遥散などが適応します。

 

月経に血塊が混じる月経痛

月経量も多く、月経に血塊がまじり月経痛も

強い方がいます。

漢方では、「瘀血」が原因と考えます。

唇や舌の色が青紫やややどす黒い色になります。

皮膚にもクモ状血管腫ができやすい体質です。

瘀血を解消する処方を服用する事によって、

血塊の量も減少して痛みも楽になっていきます。

桃核承気湯・桂枝茯苓丸・通導散などが適応

となります。

 

月経が早い周期でくる月経痛

28日周期できてた月経が会社でのストレスや

睡眠が浅くなったころから、月経の周期が

21日位で来るようになってしまった方です。

このように早く来てしまった方の多くに、

のぼせが出てきます。

カーっと顔が熱くなります。

漢方で考える原因は、「血熱」です。

加味逍遙散や女神散などが適応となります。

 

子宮の収縮が強い月経痛

月経痛には付随した症状を伴う事が多いです。

例えば、冷え症・イライラ感・月経の周期の乱

月経過多や血塊が混じるなどなのです。

ところがこのような付随した病症を伴わなければ、

単純に子宮の収縮が強いと考えて良いのです。

その場合は、芍薬甘草湯が適応になります。

 

このように漢方では月経痛に伴う随伴症状

を考慮しながら、原因を解消して痛みを

軽減します。

機能性の段階の月経痛であれば、

ほぼ漢方治療で解消できると

考えております。

 

漢方コラージュ代官山

漢方研究会コラージュ

戸田一成

代官山 東京

 

気象病

 

ALL
ページトップへ