コラム

更年期障害:のぼせ イライラ 不眠|漢方コラージュ代官山

コラム

更年期とは、

卵巣機能が減退し始めて、

消失する時期をいいます。

一般的には、閉経の前後の5年間になります。

この間に、のぼせ・ほてり・めまい・頭痛

などの身体症状などと、

不安感・憂鬱感・やる気が出ない等の

精神的症状が現れる事を、

更年期症状といいます。

 

そして、これらの症状が日常生活に影響を

及ぼす状態が更年期障害になります。

 

☆漢方で考える更年期障害には、

有余の血」の時期と「損傷の血」の

時期があります。

 

◎有余の血

まず、そもそも月経とは、

漢方ではどのように考えるのか。

初潮(14歳)から閉経(52歳)まで、

毎月月経があることになるります。

毎月一定量の血液の排泄があっても、

身体に影響が及ぼす事がないとしたら、

それは「有余の血」と言えます。

妊娠の環境を整える、妊娠が成立しなければ、

血液を排泄し月経となります。

 

漢方では、更年期症状が現れてから閉経まで

月経があるわけですから、

この時期を「有余の血」と定義し、

どのようなパターンがあるのか見て

いきましょう。

 

ホットフラッシュがとても辛く、その後に

ゾクゾクと寒気がきます。

メンタル的にも不安定でイライラや落ち込み

があります。

眠りも浅く、夢を見ることが多く熟睡できない。

このようなタイプは、漢方で考える「肝」の

疏泄の働きに問題があります。

肝の疏泄の働きをスムーズに整えるには、

柴胡ー芍薬が配合されている処方が

基本になります。

 

月経の量も多く血塊が混じります。

貧血を伴う事が多く、疲れやすくなります。

皮膚にクモ状血管腫のよな病変が現れる

事もあります。

また、子宮筋腫を伴う事も多くあります。

このようなタイプは、漢方で考える

瘀血」に相当します。

瘀血を解消するには、

大黄・桃仁・牡丹皮が配合されている処方

を用います。

 

◇ホットフラッシュも強く、月経の周期が

3週間ほどで来るようになります。

かっかしますので、怒りぽくなります。

カラダ全体が熱く感じます。

身体もメンタルも熱を帯びる感じです。

熱を冷ます必要があります。

このようなタイプには、血熱を冷ます

牡丹皮・山梔子・黄連などを含む処方が

適応となります。

 

損傷の血

 

そうしますと、閉経以後はどのように考え

たら良いのでしょうか。

神様が人体を作ったときに、

閉経とはそれ以上の排血があると、

身体に影響が及ぼしてしますため、

閉経と言うリミットを設けたのだと思います。

閉経以降の更年期症状がある時期は、

「損傷の血」と考える事ができます。

損傷の血には、どのようなパターンが

あるのか見ていきましょう。

 

のぼせがあります。

時にカーっと熱くなったり、ゾクゾクと

寒気がきます。

カラダ全体がを持ちながら、乾いて

いく感じがあります。

そのため口が乾きやすく、肌や髪が乾燥

して、寝汗を伴う事があります。

このようなタイプには、柴胡剤が適応と

なることが多いです。

 

◇更に乾燥がすすんできますと、

夜間に特に足の裏の火照りが出てきます。

お布団から足裏だけ出して寝るように

なります。

肌や髪の乾燥だけでなく、筋肉量も減少

して痩せてきます。

この段階になりますと、知母・黄蘗

などが配合されている処方を用います。

 

 

更年期障害は閉経前後5年間です。

47歳~52歳(閉経) 有余の血

52歳(閉経)~57歳 損傷の血

このように定義できます。

 

☆更年期障害における

有余の血・損傷の血の時期の

漢方治療の違いについて。

 

有余の血とは、まだ月経がありますので、

閉経以降の損傷の血の時期より、

身体に力があると言えます。

月経とは、有り余る血ですので、

その時期に起こるのぼせ・火照りは、

漢方では実熱と解釈します。

 

損傷の血の時期になりますと、

有り余る血は存在しませんので、

そこで起こるのぼせ・火照りは、

漢方では虚熱と考えます。

 

このように更年期障害における、

漢方治療はまず「有余の血」と「損傷の血

に分類し、

それぞれの方に合わせた処方を作るため

煎じ処方となります。

 

 

漢方 コラージュ 代官山

漢方研究会 コラージュ

代官山 東京

戸田一成

初めての方へ(料金について)

 

 

 

 

ALL
ページトップへ