コラム

にきび 漢方治療 その二

コラム

ニキビでお困りのFさんが漢方相談

に来られました。

Fさんは33歳の女性で建設会社に勤務

しています。

身長は168cm、体重は58kgの筋肉質の体形です。

 

☆Fさんのニキビ

Fさんは学生の頃、ニキビはほとんど

ありませんでした。

建設会社に就職して3年ほど経ったころから、

ニキビが気になりだしました。

部位:口の周囲が特に目立ちます。

米粒大の大きさから、もう少し大きい面皰が

散在しています。

そして面皰は少し脂っぽい感じを受けます。

増悪因子:Fさんにどの様なときにニキビが

悪くなりますか?とお聞きしますと。

お酒を飲みすぎたり、油っこい物を食べ過ぎ

た後は、決まってニキビが酷くなるそうです。

学生の頃はお酒を飲む習慣はありませんでした。

しかし、就職してから仕事上飲む機会が増え、

プライベートでも飲む事が増えたようです。

 

☆Fさんの全身所見

Fさんは体力的のも自信があり、あまり

疲れる事を自覚しないそうです。

冷え性もなく、どちらかと言うと暑がり

の体質です。

大便は1日に1~2回で普通便からやや軟便

のことが多いそうです。

小便は1日に6~7回程度で普通です。

Fさんは自覚的にお困りの症状があります。

それは、いつも胃が重く胃の存在感が

ある事です。

当然、飲みすぎ食べ過ぎの翌朝は、胃の症状が

強く気になります。

大便も軟便~下痢になる事もあり、臭いも

気になります。

そこで、Fさんに舌を見せて頂きました。

漢方治療の診断の一つである舌診です。

まずは舌の形をみます。

少し浮腫んでいます。漢方では胖舌と呼びます。

次に舌の苔をみます。健康な方ですと、

うっすらと白い苔がつくか、苔はほとんどありません。

Fさんの舌の苔は、黄色でベターとしています。

漢方では黄膩苔と呼びます。

これは、病的な状態です。

次に舌の質の色をみます。これは、薄い紅~紅

の間の色で問題はありません。

 

☆Fさんの漢方治療

Fさんのニキビは、お酒の飲みすぎや

油っこい物の食べ過ぎにより、胃に湿熱の邪

が停滞した事によります。

それにより、胃が重く感じたり、胃の存在感が

あるのです。

今から1800年に書かれたとされる、

『傷寒論』『金匱要略』にその解決方法が

記されています。

『傷寒論』には、「若し心下満して硬痛する者は、

此れを結胸と為すなり。大陥胸湯之を主る。

但満して痛まざる者は、此れを痞となす。

半夏瀉心湯に宜し。」とあります。

Fさんの胃のもたれ感や胃の存在感が、

痞なのです。

『金匱要略』をみますと、「嘔して腸鳴り、

心下痞する者は、半夏瀉心湯之を主る。」

とあります。

同じような記載が見られます。

正しくFさんの胃症状は心下痞を指しています。

適応処方は、半夏瀉心湯になります。

 

☆漢方処方の服用と生活習慣の注意点

そこでFさんには、半夏瀉心湯と言う処方を

煎じて服用してもらうことにしました。

黄連という薬草が入っていまして、苦い薬草

です。ところがこの苦みがとてもスッキリ

するとFさんは話されました。

服用する方の体質と処方が合っている時は、

すんなりと飲めるものなのです。

反対に処方したものが、とても飲みにくい場合は、

体質に合っていないと考えて良いのです。

Fさんの体質には、半夏瀉心湯が合っていると

思われます。

但しFさんは半夏瀉心湯の服用だけでは、

根本的な解決にはなりません。

生活習慣の見直しが必要です。

まずお酒です。

ニキビの治療がすむまでは、

お酒を飲まないことです。

どうしても飲む場合は、ワインや日本酒のように

アルコール度数が12~14度と高いお酒は

避けてもらう事にしました。

また油っこい物は極力止めて頂きました。

そして、夜の9時以降はなるべく食べないように

注意してもらいました。

これらを守って頂くと、胃には負担がかからない

事になります。

漢方薬の服用と食生活の改善で、3週間もすると

舌の苔がとてもキレイになりました。

舌苔の改善により胃の症状も気にならなく

なると、口の周囲のニキビも改善して

いきました。

都合三ヶ月服用して頂き、ニキビの消失を

確認にて廃薬としました。

 

漢方 コラージュ

漢方研究会 コラージュ

代官山 東京

戸田一成

 

 

ALL
ページトップへ