コラム

熱中症 夏バテ 夏の体調不良 だるい:漢方の考え方で乗り越える

コラム

梅雨の多湿の頃から、徐々に体調が悪くなる。

梅雨が明けて、一気に気温が上昇するとアウト。

このような方が年々増えています。

内科にて検査をするも異常がない。

そこで夏バテに良い漢方薬がありますよと。

進められてツムラ・補中益気湯を

服用するも効果無し。

更に藁をもすがる気持ちで漢方薬局にいくと、

それなら清暑益気湯が良いですよと購入して、

飲んでみたが、何も変わらない。

このような方を多く見てきました。

 

どうしたら、夏バテを予防して

克服できるのか?

 

☆そもそもどのようなタイプの方が、

夏バテや熱中症になりやすいのか?

ここから見ていくと対応策が分かります。

 

救急救命医のSくんに聞いてみました。

救急車で熱中症の患者さんが運ばれて

来たとき、これはまずいぞ、

急がなくてはとか、

この方はそんなに慌てなくても大丈夫

とかありますか?

 

Sくんは、それがあるんだよと。

まず、患者さんの筋肉のつき方を見る。

筋肉がしっかりある方は慌てない。

筋肉が無い方は的確に急いで処置を

しないといけない。

 

一般的にも小さなお子さんとお年寄りは

熱中症に気を付けてと、言いますね。

正しく、筋肉量のことなんです。

成長の途中のお子さんは、どうしても

筋肉量が少ないですね。

年齢を重ねたお年寄りの方も、徐々に

筋肉量が減ってきます。

結果、お子さんとお年寄りの方は、

熱中症になりやすい事になります。

 

筋肉量の多い・少ないがなぜ熱中症に

関係するのか?

 

人体の60%~70%は水です。

そして、この水が一番多く集まって

いるのが、筋肉なのです。

そもそも筋肉量がある方は、体内に

水が多くあると言えます。

水の貯金が多くあれば、熱中症になり

にくいという事になります。

 

熱中症の予防は、筋トレになります。

筋肉量を増やす事が熱中症の予防に

なります。

 

☆筋肉量が少ない

お子さんとお年寄り

女性の方も男性に比べると

筋肉量は少ない。

このような現実をどうするか?

対応策があります。

 

筋トレで筋肉量を増やすと言っても、

現実的ではありません。

そこで、、、提案があります。

 

☆「生活習慣の見直し」

これに尽きます。

具体的に見ていきましょう。

 

①「起床後」

筋肉量の多い方ー朝から体が動きます。

筋肉量の少ない方ー寝起きが悪く、午前中も

なかなかエンジンがかからない。

 

筋肉量の少ない方には、起床後まず

雨戸やカーテンを開けて朝日をたっぷり

浴びる。

できれば、ベランダや玄関の外に出る。

更に良いのは、10分でも良いので近所を

ウオーキングする。

こうすることによって、副交感神経から

交感神経へのスイッチが入る。

一日がスタートする状況ができる。

とても効果的な事になります。

 

②「朝食」

筋肉量の多い方ー朝からしっかり食べます。

筋肉量の少ない方ー朝は食べないか、

食べてもほんの少量。

 

一日の始まりの朝食は、とても大事です。

では、筋肉量の少ない方はどうしたら良いか?

夕食を軽く済ますことです。

次の日の朝食は、お腹が減ってます。

 

このようにススメています。

朝食ーしっかり食べる。

昼食ーしっかり食べる。

夕食ー軽くすませる。

軽い夕食とは、まず炭水化物は食べない。

豚肉80gの生姜焼き+サラダ

アジの塩焼き+煮物

このように、たんぱく質+野菜にして、

ごはん・パン・うどんなどの炭水化物は

摂らない。

このような習慣がつきますと、睡眠の質も

良くなります。

そして、肥満の解消にもつながります。

何よりも起きた時に、空腹感が得られます。

 

③「筋肉を刺激する」

筋トレと言っても、ジムやプールなど

でのトレーニングは、なかなかハードル

が高いです。

筋肉を増やすというよりは、筋肉を刺激

する程度でも効果はあります。

これでしたらご高齢の方でもできますし、

実際に効果があります。

例えば歯磨きをしながらのスクワット。

昼の休憩時間の5分間ダンベル。

このように、ちょっとした時間の

短時間のトレーニングが非常に有効

なのです。

YouTubeを見ながらの、ストレッチや

筋トレもとても良いと思います。

電車に乗ったら座らない。

立ってるわけですから、これも立派な

筋トレになります。

日常の生活の中に筋肉を使う動作を

組み入れる事が大切です。

「生活習慣の見直し」こそが、夏バテから

の脱却の一歩になります。

 

その中で、

・冷え性がある

・浮腫みやすい

・下痢しやすい

・食欲がない

・台風の前の体調不良

などなど、

このような病症が伴う場合に必要な

漢方処方を用いると効果的なのです。

 

夏バテに補中益気湯を服用して

効果の無かった方は、是非とも

生活習慣の見直しから初めて

みて下さい。

 

漢方 コラージュ 代官山

漢方研究会 コラージュ

戸田一成

初めての方へ(料金について)

 

 

 

 

 

 

 

 

ALL
ページトップへ