研究会

漢方研究会 コラージュ#引き寄せの法則:lab collageの検証

研究会

今回のコラムも、漢方に興味を持たれた

若い医師・薬剤師の方々が対象になります。

予めご了承ください。

 

漢方の世界に入りまして、

40年の月日が過ぎました。

漢方で開業された医師・薬剤師

の方々のその後も見てきました。

 

結果、クライアントを多く抱える事ができた方、

全くそうでない方、分れますね。

そして、そこには法則があるのです。

 

伝えておきたい事

 

その前に若い医師・薬剤師の方々に

お伝えしておきたい事があります。

このコラムを読まれて方やlab collage

に関心がおありの方は、将来漢方専門で

開業されたいのだと思います。

そこで、既にある昭和の時代の

漢方医院・漢方薬局を参考にしないで

頂きたいのです。

 

lab collageのメンバーにおいて、

開業された方々をみますと、

明らかに昭和の時代とは異なります。

まず、名称がローマ字表記であったりとか、

設計をデザイン会社に依頼したりと、

待合室の家具がスカンジナビアデザインで

統一されていたりします。

 

世界をみてみよう

 

数年前からテクノロジーの飛躍的な

発展により、世の中の構造が劇的に

変化し始めました。

AI、IOT、スマートロボットなどの出現です。

そして、様々な業種において、

その垣根が無くなって来ています。

自動車会社とIT企業がコラボしたり、

最近ではとSONYとホンダが

業務提携を発表しました。

このようなことは、

更に加速していくと思われます。

その中で漢方の業界だけが、旧態依然として

存続できるわけがないのです。

頭が痛くなるほどの古い体質が、

漢方業界にあります。

 

では、何が変わるのか?

 

それは、クライアントの要求です。

そのニーズからズレていく、

漢方医院・漢方薬局は少しづつ

取り残されて行きます。

世界が激動の変化をしている。

すなわち、クライアントの

感性・感じ方も変化せざるを得ない。

若いあなた方なら、わかりますね。

 

では、どうしたらいいのか?

 

漢方業界と言う狭い世界を参考にせず、

他業種の時代の半歩先を行ってる方々を

見ればよいのです。

そこを参考にして開業すれば良いのです。

 

引き寄せの法則とは?

 

先ほど述べました、

多くのクライアントを抱える事ができる方と、

そうでない方の違い。

それは何なのか?

いくつかの前提条件があります。

十分な学習と臨床トレーニングを

積むことこれは必要不可欠です。

でも、これだけではクライアントは

集まりません。

私が40年間見てきた現実が証明しています。

 

ここ漢方医療の特殊性が関係してきます。

脈を診て、舌を確認して、身体の状態を聴く。

この作業は、五感に頼るものです。

治療する側の「感じる力」が問われます。

「感じる力」の先にあるもの…..

 

☆患者さんを引き寄せる要素とは?

 

それは、

「人としての魅力がある」

これに尽きます。

私が見てきた、クライアントを

多く抱える事ができた漢方医は、

人として「魅力」を感じました。

 

☆魅力的な漢方医とは?

 

ポジティブな表現力があり、

明るく前向きにとらえていく姿勢。

このような漢方医は、魅力的に感じますね。

 

そして、魅力的な漢方医は、

感性を磨く努力を怠りません。

そして、患者さんを引き寄せるのです。

 

クライアントは、

合った瞬間に…

感じるでしょうね。

 

やっとたどり着けた、

私が求めていたのは、

人として魅力的な漢方医なんだと。

 

Lab collageは、

クリエイティブ集団です。

ご興味のある方、連絡をお待ちしております。

 

漢方研究会 コラージュ

漢方コラージュ代官山

戸田一成

代官山 東京

 

Kampo lab collage(漢方研究会)

 

 

 

 

 

Instagram
ALL