コラム

漢方コラージュ代官山:膀胱炎・尿漏れ・過活動膀胱

コラム

膀胱炎

 

膀胱炎は膀胱に細菌が入り、尿の中で

急激に増えて膀胱粘膜に炎症が起こって

しまう病気です。

女性に多いのは、女性の尿道が男性に

比べると短いために細菌が入りやすい

弱点があるためです。

急性膀胱炎になりますと、

排尿時痛、頻尿、残尿感、血尿などが

現れます。

これらの症状に対して、抗菌薬がとても

良く効きます。

泌尿器科や婦人科で対応して頂けます。

 

問題は、急性膀胱炎は治っているのに

症状がとれないことです。

検査をしても異常がなく、細菌の感染も

ないのですが、排尿時痛や残尿感が残る

のです。

そこで病院では、猪苓湯が処方される事が

多いです。しかし、あまり効きません。

そもそも、猪苓湯という処方は下痢止めの

漢方薬なのです。

 

このように細菌感染は否定されているのに、

排尿時痛や残尿感が残ってしまう膀胱炎症状

にポイントを絞った漢方治療について述べて

みたいと思います。

 

精神的なものと言われる膀胱炎

症状だけが残ってします膀胱炎については、

漢方治療で症状の消失をみる事が多いです。

 

漢方ではどのように考えるのか?

 

膀胱炎症状+身体の背景を考える。

ここに症状の消失のカギがあります。

 

具体的にみていきましょう。

一番多いのは

冷え症

この冷え症を的確に治療できますと、

症状は無くなります。

ところがこの冷え症の漢方治療は

なかなか難しいのです。

良く婦人科では女性の冷え症に対して、

当帰芍薬散が処方されます。

女性の冷え症だからと一律に当帰芍薬散

ではないのです。

問題は、どこがどのように冷えているのか?

そこを確実に把握する必要があります。

 

その次は

メンタルの不調

背景にメンタルの不調があると言っても

千差万別です。

ストレスが精神症状として表現されてる

場合、例えばイライラや落ち込むなど。

または、消化器症状として胃痛や下痢と

なったりします。

このようにメンタルの不調を整えることに

よって膀胱炎症状も軽減していく事が多く

あります。

 

さらに

カラダの水の偏在を整える

むくみとして現れることが多いです。

または、皮下に水が多いため、

常にウエットな肌になっています。

このような方は、だるさがあります。

乾いたTシャツは軽いです。

濡れたTシャツは重いです。

つねに濡れたTシャツを着ているため、

カラダが重く感じてしますのです。

カラダにおける水のバランスを整える

事も膀胱炎症状の消失に繋がります。

 

尿漏れ

 

女性の方で一定の年齢を過ぎると、

大笑いをしたり、咳き込んだり、

重い荷物を持って腹圧がかかった時

などに、予期せぬ尿漏れが起こります。

 

♠原因 骨盤底筋群の弱り

骨盤底筋群は、

骨盤の臓器を支える役割と、

腹腔を安定させ役割と、

排泄をコントロールする役割が

あります。

骨盤底筋群が弱りますと、

尿漏れや頻尿と言った尿トラブルが

起こりやすくなります。

その他には、

お尻のラインが下がったり、

お腹がポッコリと出たり、

ボディラインが崩れてきます。

 

♠骨盤底筋エクササイズ

妊娠出産、加齢、肥満、運動不足など

により骨盤底筋群は弱ります。

そこで、骨盤底筋エクササイズは

とても有効な方法になります。

ところが、エクササイズを取り入れても

やはり納得ごいくほどの改善が得られない

方がいらっしゃいます。

このような方には、漢方治療がオススメです。

 

♠尿漏れの漢方治療

 

筋膜リリースそして筋肉の働きを

正常に保つ事が漢方治療でできます。

五十肩や腰痛そして座骨神経痛などにも

応用が可能です。

是非、尿漏れでお困りの方には、

試して頂きたい漢方治療になります。

 

過活動膀胱

 

過活動膀胱とは、排尿トラブルの一つです。

膀胱に尿が十分に溜まっていないのに、

膀胱が収縮してしまい、結果トイレが

近くなってしますことです。

 

過活動膀胱として以下の症状があります。

 

・尿意切迫感

急に尿意を催し我慢ができない

・頻尿

さっきトイレに行ったのに、

直ぐに尿意を催します。

・切迫尿失禁

我慢できずに尿が漏れます。

 

原発となる病気が否定された場合、

漢方治療が有効になります。

 

過活動膀胱の漢方治療

 

何らかの要因により膀胱が収縮して

しまうので、膀胱の収縮を緩める

治療を行うことになります。

収縮にたいして、弛緩させるわけです。

他にもいろいろと応用が可能です。

例えば緊張により腸が収縮して痛む場合や

子宮が収縮して痛む時なども、

同じ方法で弛緩させて痛みから解放されます。

過活動膀胱でお悩みの方にも、

漢方治療はオススメと言えます。

 

精神的なものと言われる膀胱炎、

尿漏れ、過活動膀胱について

みてきました。

いづれも漢方治療が有効なのですが…

 

漢方治療と言いましても、

中医学をはじめとして様々な流派があります。

漢方研究会コラージュでは、

中医学は過去の理論と考えております。

これらの排尿異常につきましても、

新たな経方理論に落とし込む事によって、

良好な結果が出ていると考えております。

 

是非、新たな経方理論をお試しください。

 

漢方コラージュ代官山

漢方研究会コラージュ

戸田一成

代官山 東京

 

女性に特化した漢方

 

 

 

 

ALL
ページトップへ