コラム

排卵日の体調不良 だるい 微熱:漢方コラージュ代官山

コラム

月経前後の体調の乱については、

良く認識されています。

ところが意外と排卵日前後にも

体調不良を感じてる方も多くいます。

 

排卵日の体調不良について見ていきましょう。

 

排卵日とホルモンの関係

女性のカラダは月経が終わって卵胞期に

入りますと、子宮の内膜を厚くして体温を下げる

働きのホルモン・エストロゲンの分泌が増えて

低温期に入ります。

そして排卵が起こりますと、子宮内膜の厚みを

維持するために体温を上げるホルモン・プロゲステロン

が分泌されて高温期に入ります。

このように排卵を境にしてホルモンの変化が

急激に起こるため、カラダに負担がかかり

体調不良を招いてしまうのです。

 

排卵日のお困り症状

・排卵痛

・排卵出血

(不正出血ではないので病気ではありません。)

・だるい

・微熱

・冷える

・浮腫み

・頭痛

・めまい

・吐き気

・腰痛

・イライラ感

・胸の張り

・肌の荒れ

このような症状が排卵日前後に

見られます。

 

中医学では、このような排卵期前後の

症状に対して、気の流れが停滞して起こると

解釈する事が多いです。

しかし、気の流れをスムーズにする処方を

服用しても、あまり改善しません。

テキストの記載されている方法では、

排卵日前後のお困り症状は改善され

にくいのです。

 

漢方コラージュ代官山の治療法

 

先程の述べた排卵日前後のお困り症状

の全てを改善できるとは考えておりません。

研究会も含めまして、改善できる排卵日前後

のお困り症状と改善が難し症状があることが

分かってきました。

 

以下の条件に当てはまる方は、お困り症状

から解消される確率が高いと言えます。

 

・脈が沈んで弱い(更に遅い)

・冷え症(特に足先)

・頭痛を伴う

・めまいのようなグラグラ

・胃もたれがある

・気圧の変化を受ける

気圧が下がり始めると上記の

お困り症状が増悪する。

 

このような条件に当てはまる方は、

漢方コラージュ代官山の漢方治療を

受けてみる価値は十分にあると

考えております。

 

漢方コラージュ代官山

漢方研究会コラージュ

戸田一成

代官山 東京

 

女性に特化した漢方

 

 

 

 

 

ALL
ページトップへ