研究会

2021漢方研究会 コラージュ 日時 メニュー 

研究会

漢方研究会 コラージュ レモン組

webレッスン

☆日本漢方・曲直瀬玄朔 道三の後継者

 

玄朔は道三の後継者として、道三流医術の

普及に努めた。

『啓迪集』が中国医書の抜粋から成り立って

いるが、時代的背景を考えると致し方のない

事かもしれない。

いづれにしても『啓迪集』は教科書として、

非常に良くまとまっている。

そのため玄朔は更にアップデートするの

ではなく、この医学体系をいかに運用する

のか?

そこを示す事が後継者としての役目と

考えていたようである。

玄朔の著書の中で最も考えが示されている

のは『十五指南篇』である。

この書は文字通り15の章より成り立っていて、

それぞれの項を玄朔が詳しく解説をしている。

やはりほとんどが中国医書からの引用である。

この点今から40数年前、日中友好条約が

結ばれた後、現代中医学が日本にどっと

入って来た頃に似ている。

 

『十五指南篇』の冒頭で玄朔は、

特定の説に偏ってはならない事を

以下のように強調している。

 

「広く『内経』を閲し、普く『本草』を伺う。

診切は王氏の『脈経』を主とす。

処方は張仲景を主とす。

用薬は東垣を専らとし、なお潔古に従う。

諸証を弁治するには丹渓を師とし、

なお天民に従う。

外感は仲景に法る。

内傷は東垣に法る。

熱病は河間に法る。

雑病は丹渓に法る。」

 

更に劉純の『玉機微義』の熱門から

引用して次のように述べている。

「張仲景の書のみを重視すると

どうしても傷寒が中心となり、

内傷病を誤って外感病としてしまう

恐れがある。

また李東垣の書だけを重視すると、

脾胃の働きだけを見るようになり

外感病を誤って内傷病としてしまう

恐れがある。

劉河間の書を重視するものは諸々の

病態を熱としてとらえ、寒の病態を誤って

熱としてしまう恐れがあるう。

しかしながら、『内経』に基づいて

行われるならば、自然に活発するであろう」

 

webレッスンでは、玄朔の医案集『医学天正記』

をもとに、当時の病態に把握について、

可視化してみよう。

 

 

漢方研究会 コラージュ レモン組

2021.4月

webレッスン

☆日本漢方・曲直瀬道三とその医術

 

月湖から田代三喜へそして曲直瀬道三

に続く流れは、中国伝統医学であり、

金元の影響を最も受けている。

 

道三にとって最も注目すべきは、

医学全書『啓迪集』の著作であろう。

引用された文献をみると、

金元の四大家のうちでも特に

朱丹渓の影響を強く受けている。

道三は丹渓学派に属していると

言っても過言ではないだろう。

 

各論について

・病理論

『啓迪集』においては、陰陽五行説が

駆使されており、臓腑の失調や気血水の

乱れによって病気が生じる理由が要領よく

述べられている。

道三の基本は内経の考え方で説明

を試みる記載が多い。

・診断

『啓迪集』の全ての病門に必ず脈証の項目

を立てて病態との関連を説き、治療の指針

を与えていることからみても、

診断においては脈診に最も重点をおいている

ことが分かる。

・薬物論

道三が参考にした図書は、『本草発揮』や

『本草集要』と思われる。

道三は『啓迪集』の中で豊富な薬物知識

を駆使しており、膨大な薬物体系が

備わっていたと思われる。

・治療方法

『啓迪集』は「察証弁治」の書である。

それは、現代の中医学の「弁証論治」

とほぼ同じである。

などをレッスンでみていきましょう。

 

漢方研究会 コラージュ バジル組

2021.3月・メッセージ

出典より補中益気湯の創製の本旨に

ついて学習しておくように、

お話をした。

そこで、李東垣の考え方に

「火と元気は両立せず」とある。

この火は、何を意味するものなのか?

グループラインで討論するので、

学習しておくようにお願いします。

 

漢方研究会 コラージュ ミモザ組

2021.3月・メッセージ

漢方の歴史の本を読もう。

漢方の歴史については、あえてレッスン

ではしない。読めば分かる事だから。

でも、歴史の学習はなぜ?必要なのか。

 

その時の社会情勢によって医学も影響を

受けるのである。

また、医学界の風潮によっても、

漢方の考え方は影響を受けるのである。

そのためにも歴史について学習しておく

必要がある。

 

推薦図書

『漢方の歴史』小曽戸洋著 大修館書店

中国・日本の伝統医学について、

コンパクトに書かれたオススメの本です。

 

漢方研究会 コラージュ バジル組

2021.2月・メッセージ

『脾胃論』『内外傷弁惑論』

より、李東垣が考える

補中益気湯の創製の本旨について

学習しておくこと。

 

漢方研究会 コラージュ ミモザ組

2月・メッセージ

用意する工具書

・漢和辞典

・中国語辞典

・漢方用語大辞典(燎原)

・註解傷寒論

・黄帝内径素問(東洋学術出版社)

まずこれらの工具書は必ず揃えて下さい。

例えば、傷寒論を読んでいきますと

「血室」という言葉が出てきます。

漢方用語辞典がないと理解できません。

まず、工具書を揃えましょう。

 

漢方研究会 コラージュ レモン組

2021.3.14  pm8:00~

webレッスン

担当:志田しのぶ

 

☆症例検討

・小児科疾患 斎藤圭一

・婦人科疾患 マダム遠藤

 

☆金元医学からの曲直瀬道三と

門下の俊秀たちである、

饗庭東庵・長沢道寿・古林見宜

の理論体系を学ぶ。

担当:戸田一成

 

 

漢方研究会  コラージュ レモン組

2021.2.14 ㏘8:00~

webレッスン

担当:志田しのぶ

症例検討

・寒冷蕁麻疹 肥田純平

・月経痛   石井まさ

 

漢方研究会 コラージュ バジル組

会場:代官山アーガス302

・泄瀉の可視化 症例トレーニング

・発表の仕方 具体的な運用方法

・症例検討 坂本 村上

 

漢方研究会コラージュ ミモザ組

会場:代官山アーガス302

・漢方概論

・工具書など

 

漢方研究会 コラージュ レモン組

2020.4.12

会場:スパイラル青山

・皮膚病シリーズ 尋常性座瘡

にきび 病態の可視化

・症例検討

 

漢方研究会 コラージュ バジル組

2020.3.22 13:30~

会場: 漢方 コラージュ 代官山

・症例問題 坂本・村上

・泄瀉の可視化 実際の運用方法

・虚熱 実熱 虚寒 実寒 確認テスト

 

漢方研究会 コラージュ レモン組

2020.3.8   13:30~

会場:アンダース東京

・pius fox に学ぶ処方運用

・皮膚病シリーズ 尋常性座瘡

にきび 病態の可視化

・症例問題

 

漢方研究会 バジル組

2020.2.23 13:30~

会場:漢方 コラージュ 代官山

・泄瀉の可視化

・虚寒 実寒 虚熱 実熱

素体の違いから考える

・桂枝甘草湯 芍薬甘草湯 甘草乾姜湯

基本処方からの発展について

 

漢方研究会 レモン組

2020.2.9 13:30~

会場:漢方 コラージュ 代官山

・漢方セミナー part Ⅱ

・皮膚病シリーズ 尋常性座瘡

にきび 病態の可視化

・過去のカンファレンス 確認テスト

 

 

漢方研究会  コラージュ

レモン組・バジル組 合同レッスン

2020.1.12   13:00~

Place:ヒルサイドウエストB

対象者:医師 薬剤師

会費:無料

年齢制限あります。

 

「漢方セミナー」

Session 1

「漢方で開業されてる方

すでに開業されてる方

のセミナー」

Sub

「エルメスと虎屋から学ぶ、

生き残りをかけた、

攻めの戦略とは?」

担当:戸田一成

Session 2

「漢方薬局を開業して丸三年、

今思う事とこれからの構想。」

担当:今井玄師

 

懇親会 16:30~

代官山 サルサマーレ 貸切

会費 8000円

 

募集人数:30名

すでに募集人数に達しておりますが、

50名まで入れる会場を確保しました。

想定よりはるかに多くの問い合わせを

頂いております。

メーカー系のセミナーとは、

一線を画する企画となっております。

若い意欲のある方は、是非お待ちしております。

 

 

漢方研究会 コラージュ バジル組

11月24日 13:30~

Place:アマン東京

・傷寒論 太陽病編 構造を理解するためのレッスン

・流動的病態論の運用の仕方

 

漢方研究会 コラージュ レモン組

11月10日 13:30~

Place :漢方 コラージュ 代官山

・小児科医からの症例報告 斎藤圭一

・循環器内科医からの症例報告 志田拓也

・腎内科医からの症例報告 志田しのぶ

・婦人疾患の症例報告 石井正久

・アトピー性皮膚炎 新たなる漢方治療の提案

 

漢方研究会 コラージュ バジル組

10月27日 13:30~

Place  代官山ヒルサイドテラスE

・傷寒論 太陽病編 構造を理解するためのレッスン

 

漢方研究会 コラージュ レモン組

10月13日 13:30~

Place :代官山アーガス302

・小児科医からの症例報告 斎藤圭一

・循環器内科医からの症例報告 志田拓也

・腎内科医からの症例報告 志田しのぶ

・婦人疾患の症例報告 石井正久

・アトピー性皮膚炎 新たなる漢方治療の提案

 

漢方研究会 コラージュ バジル組

9月22日 13:30~

Place:ル・コントワール中庭

・夏休みの宿題 方剤の確認テスト

・傷寒論 太陽病編 構造を理解するためのレッスン

 

漢方研究会 コラージュ レモン組

9月8日 13:30~

Place :漢方 コラージュ 代官山

・過去のカンファランスからの確認テスト

・症例報告 今井啓太

・症例報告 石井正久

・小児科医からの症例報告 斎藤圭一

・前回配った、戸田と伊藤良アトピー性皮膚炎読んでくること

・アトピー性皮膚炎 治療 画像

 

漢方研究会 コラージュ バジル組

日時:7月28日 13:30~

会場:代官山アーガス302

・臨床に強くなるための漢方(基礎・考え方)

・傷寒論 太陽病編

 

漢方研究会 コラージュ レモン組

夏休みの宿題

過去のカンファランス

1.一年中続く泄瀉

2.気象病に伴う偏頭痛

3.気象病に伴う偏頭痛

4.後鼻漏と粘痰咯出

5.気象病に伴う偏頭痛+身体の動揺感+月経痛(強)

6.産後の不正出血

7.手指の痺れ・痛み・浮腫み

 

☆これらの症例でポイントになる点を明確にして、

そこを叩き込んでおくこと。

例えば、「3.気象病に伴う偏頭痛」では、夏の南から湿熱の邪を

伴った台風の通過で起こる偏頭痛、そして冬では北から降りてくる

爆弾低気圧による偏頭痛。

それぞれの違いを明確にして可視化して、処方を組むこと。

☆9月のレモン組、テストを行います。

 

漢方研究会 コラージュ レモン組

日時:7月14日 13:30~

会場:代官山アーガス302

・第七回カンファランスの復習

痛みからの、桂枝湯→→真武湯→→附子湯の展開

・乳腺炎の症例 病態を可視化

・気象病頭痛症例 その後の経過 今井

 

漢方研究会 コラージュ バジル組

日時:6月23日

会場:代官山アーガス302

・臨床に強くなるための漢方(基礎・考え方)

・傷寒論 構造を理解するための基本学習ver.2

 

漢方研究会 コラージュ レモン組

日時:6月9日 13:30~

会場:代官山アーガス302

・前回のカンファランスの復習

・症例報告 斎藤

・症例報告 今井

・アトピー性皮膚炎 画像による病態の把握

 

漢方研究会 コラージュ バジル組

日時:5月26日 13:30~

会場:代官山アーガス302

・臨床に強くなるための漢方(基礎・考え方)

・傷寒論 構造を理解するための基本学習

 

☆漢方研究会 コラージュ レモン組

日時:5月12日 13:30~

会場:代官山アーガス302

第七回 カンファランス

「起床時の手指の痺れ・痛み・浮腫み」

整形外科にて精査するも原因不明の症例

この病症をどのように「可視化」していくのか?

そこのトレーニングを行ないます。

 

*ポイント

今回は「観察力」、ここがポイント。

カンファランスに協力頂く方を、じっくりと

観察する。ご本人から病症についての説明が

あります。そうしますと、観察により得られた

事と、病症の説明とが整合性が取れない。

ここをどのように可視化するのか?

現実の臨床とは、このような事です。

 

☆漢方研究会 コラージュ バジル組

日時:4月28日 13:30~

会場:代官山アーガス302

題目

・臨床に強くなるための基礎・考え方

・傷寒論 構造を理解するための基本学習

 

☆漢方研究会 コラージュ レモン組

日時:4月14日 13時30分~

会場:代官山アーガス302

題目

・内科医からの症例報告 志田しのぶ

・小児科医からの症例報告 斎藤圭一

・前回の症例報告のその後 石井・今井

・脂漏性湿疹 画像による特異的な病態の把握

・湿疹群 画像による漢方的病態の把握

・桂枝去芍薬湯+麻黄附子細辛湯の臨床応用の確認

・当帰四逆湯ー張仲景が創製したとは考え難い。

実際の臨床より確認してみる。

 

☆漢方研究会  コラージュ レモン組

日時:3月10日 13時30分~

会場:代官山アーガス302

題目

・症例報告1 石井正久

・症例報告2 今井啓太

・皮膚病 漢方治療攻略の復習

・掻痒群 画像による漢方的病態の解釈

何枚もの画像を見ながらの実践トレーニング

 

宿題

・『金匱要略・水気病』31条

「気分~」始まる条文は、

桂姜草棗黄辛附湯の条文ではなく、

32条の枳朮湯の条文である。

桂枝去芍薬湯+麻黄附子細辛湯は、

実際の臨床でどのように使うのか?

 

・当帰四逆湯の「四逆湯」の意味は?

 

・桂枝加附子湯 桂枝附子湯 甘草附子湯

これら三処方の臨床における使い分けを

述べよ。

 

宿題:半夏瀉心湯からの展開

問題.1

心下満→心下痞→心下痞硬

これは張仲景がつけた病症。

現代の患者さんの訴えに変換すると、

どのような症状になるか?

問題.2

張仲景が創製した処方の名称は、大きな

意味を持つ。

葛根湯は、葛根が主薬になる。

では、半夏瀉心湯という名称の意味は?

問題.3

瀉心湯について理解した事を述べよ。

問題.4

半夏瀉心湯の源流は、大黄黄連瀉心湯→瀉心湯である。

ところが半夏瀉心湯の瀉心湯は、黄連・黄芩であり大黄は無い。

なぜ、半夏瀉心湯では大黄を除いたか?

問題.5

問題2の続きになるが、半夏瀉心湯の名称の意味において、

半夏+その他の薬物(黄連・黄芩を除く)で構成される処方とは?

問題.6

中医学において半夏瀉心湯の解説をみると、寒熱錯雑証とある。

ある解説をみると、コップに冷たい水+コップに熱湯、

これを合わせたのが寒熱錯雑証とある。

結果、ぬるま湯になるだけである。

コップの中で冷水と熱湯が分離していれば、

寒熱錯雑証である。

しかし、そのような現実は無い。

そこで、張仲景は薬物に寒熱・五味を取り入れ無かった。

その理由を述べよ。

問題.7

半夏瀉心湯の名称は、

A 瀉心湯(黄連・黄芩)+B 解答は問題5

では、生姜瀉心湯・甘草瀉心湯についても、

A瀉心湯+ もう一つの処方 を述べよ。

問題.8

このように半夏瀉心湯を理解してくると、六経としては少陽病に位置するが、

処方の位置付けの理解としては不十分である。

張仲景が我々に伝えたいメッセージを述べよ。

 

 

☆漢方研究会 コラージュ

日時:1月13日 13時30分~

会場:代官山アーガス302

題目

・内科医からの症例報告 志田拓也

・第二回カンファランス 気象病に伴う片頭痛 女性 63歳

その後の経過報告

・第五回カンファランス(ハーフ女子)のその後の経過報告

・皮膚病・漢方治療攻略の基礎

 

☆漢方研究会 コラージュ

 日時:11月11日 13:30~

 会場:代官山アーガス302

 題目

・カンファランス「産後の不正出血・帯下混血」

・内科医からの症例報告 担当:志田しのぶ

・174条 175条 臨床における使い分けについて

・夏の自由研究 大賞発表

漢方研究会コラージュ 代官山 東京 戸田一成

 

☆漢方研究会 コラージュ

日時:10月14日 13:30 start

会場:ヒルサイドテラスE棟ロビー

・カンファランス「気象病に伴う片頭痛Ⅲ」

・リウマチ専門医から見た、リウマチ疾患

における時系列的病態の変化について、

漢方的な考察を報告。

担当:梁秀蘭

・前回に引き続き、「更年期障害」

そして「夏バテ」の病態の可視化、

並びに治療法について。

担当:カズさん

・「夏の自由研究」コラージ大賞発表

 

☆漢方研究会 コラージュ

日時:9月9日 13:30 start

会場:代官山アーガス201

1.病症に対して、弁証・病理・方剤と

パターン化しての解釈ではなく、

「流動的に病態を可視化」する

トレーニングを行います。

テーマ

「夏バテ」 担当 今井 中野

「更年期障害」 担当 小岩井

・「可視化」することの意味について。

たくさん勉強をして理論を理解しても、

臨床の結果に結びつかない方が、

いらっしゃいます。

是非、可視化を試みて頂きたいです。

理論から臨床に結びつける、そこに

可視化の意味があるのです。

2.『傷寒論』

陰陽→三陰三陽、そして表裏内外

を取り込んだ構造を理解する

トレーニング。

・構造を理解することの意味について。

それは何と言っても、傷寒論を読む

事が楽しくなるからです。

『傷寒論』の学習の仕方がどうも

分かり難い方、一緒に勉強しませんか?

 

☆漢方研究会 コラージュ

日時:7月8日 13:30 start

会場:代官山アーガス202

1.傷寒論 陰陽 三陰三陽 表裏内外 構造を理解する。

2.前回「冷房病予防」 実際に臨床で使用した結果を検証。

3.夏の風邪 担当:木村

4.夏の皮膚病 担当:中野

5.冷え性(含冷房病):担当 小岩井

6.症例検討(可視化の試み)担当:志田しのぶ

7.5月カンファランスその後の検証:担当 戸田

 

☆漢方研究会 コラージュ

日時:6月10日 13;30 start

会場:代官山アーガス302

1.『傷寒論』陰陽・三陰三陽・表裏内外として構造を理解する。

2.5月のカンファランス「後鼻漏・粘痰」の検証

3.「冷房病 予防・治療」担当:小岩井

4.症例報告 担当:今井 木村 中野

There is a lot of homework and it can be tough

but let’s enjoy nest time too!

ALL
ページトップへ