コラム

雨、低気圧⇒頭痛 気象病:漢方治療 治し方のコツ教えます

コラム

雨が降る前、気圧が下がり始めると、

頭痛のスイッチが入ってしまう方が

います。

そうしますと、ついつい痛み止めを

服用してしまいます。

そんなことの繰り返になります。

漢方治療で根本的に体質を改善する

ことによって、頭痛から解放されます。

 

まず、頭痛日記をつけてもらいます。

そうしますと、どのような時に頭痛と

なるのかが分かります。

つけて頂いた頭痛日記と過去の天気図

を比べていくとタイプが見えてきます。

 

タイプ①

南の海上から低気圧が北上する場合

九州~紀伊半島にかけて、低気圧が

近づいてきますと、湿度の上昇とともに

頭痛が発生します。

台風などがこのタイプになります。

 

タイプ②

北のシベリア方面から冷たい空気を

伴い、低気圧が降りてくると頭痛が

発生します。

冬の爆弾低気圧などがこのタイプに

なります。

 

タイプ③

1と2の両方が原因となるタイプ。

 

漢方治療

タイプ①

低気圧に湿度の上昇がポイントになります。

気圧が下がることによって、体内の過剰な

水が外へ上へと移動します。

また、湿度の上昇に伴い体内の水も

過剰となり浮腫みやすくなります。

結果、頭内も浮腫むようになり、

頭痛が発生します。(漢方の考え方として)

そこで漢方では、頭内の過剰な水を

改善することによって、頭痛が起こらなく

なるような体質にするのです。

 

タイプ②

冬・爆弾低気圧が降りてくることに

よる頭痛は、湿度の上昇がないため、

過剰な水が頭内に影響を及ぼすことは

ありません。

原因は、気圧の低下と凄い寒さです。

もともとが冷え性の方です。

このタイプの方は、冷え性をキッチリ

改善する必要があります。

 

タイプ③

①は㋃頃から梅雨そして夏の台風、

そして秋雨の頃が頭痛発生のシーズン

になります。

②は、真冬の冷たい冷気が降りてくる時期

が頭痛発生のシーズンになります。

ですから、この両方のタイプにより

頭痛が発生する方は、夏と冬での治療法

を使い分ける必要があります。

 

まず、あなたはどのタイプなのか?

そこを知ることが治療の近道になります。

まずは、頭痛日記から始めましょう。

 

漢方コラージュ 代官山

漢方研究会 コラージュ

気象病

ALL
ページトップへ