コラム

気象病:雨の日の頭痛

コラム

雨の日になると頭が痛くなり、困っていたKさんが漢方相談に来ました。

Kさんは32歳の女性で事務職の仕事をしています。

雨の日に頭痛になることが多く、ついつい痛み止めを服用してしまいます。

Kさんは正しく気象病です。

気圧が下がり、湿度が上昇する条件で、Kさんの頭は痛みます。

漢方の考え方では、まず気圧が下がりますと、気の流れに影響します。

そして、湿度の上昇で体内に70%ある水の流れに異常をきたします。

漢方治療としては、気の流れの変調には、桂枝+甘草と言う生薬を用います。

水の流れの異常には、茯苓+蒼朮と言う生薬を用います。

これらを合わせてKさんに毎日煎じて服用してもらいました。

2週間の服用した頃より、頭痛の発生頻度と程度が改善しました。

都合3ヶ月の服用で、ほぼ雨の日に頭痛は起こらなくなりました。

天気の影響から体調を崩してしまう気象病から、Kさんは解放されたのです。

ALL
ページトップへ